9月平日企画の最後は「探検ルートを行く!瑞牆山ツアー」。おかげさまでお天気にも恵まれ、秋晴れの気持ちの良い空の下、お客様と楽しく探検してきました!

行きながらのタクシー車窓からの1枚。ただいま北杜市内は刈り取り前の黄金色の稲田がとってもきれいです!甲斐駒ヶ岳の背景がまたその景色の美しさを引き立たせていました。(車内から撮りましたのでかなりのピンボケ、ご了承ください^^;)

韮崎駅から車に揺られて約1時間、みずがき自然公園に到着です。時間的にド逆光になってしまいますが、瑞牆の岩峰が美しい!今から登ったるぞ~と気合も入ります。振り返ると南アルプスも一望!

さて、そんな展望を一通り楽しんでから、いよいよ探検ルートに出発!まずはなだらかな樹林帯から徐々に森の奥深くへ。カラマツの木々の隙間から差し込む光がなんとも幻想的でした。
瑞牆山といえば、全国でも有数のクライマーの聖地。ところどころに点在する巨岩のクライミング課題を横目に進みます。クライマーでもある杉本ガイドのちょこっとボルダリングングデモンストレーションに、お客様も「ほ~」っと興味深々??^^
徐々に進んでいくと、いよいよ探検ルートらしく傾斜もきつくなってきました。

そして歩き始めて約1時間半。最初の目的地、カンマンボロンに到着です!弘法大師が刻んだ梵字ともいわれるこの不思議な岩壁の景観。まさに秘境の地へ来た感覚に、お客様からも歓声が上がりました!数名だけが入れる展望スペースに入って記念撮影です。

さらに探検ルートを進みます。足場も悪く踏み固められていない箇所もあるので、落石にも注意しながら進みました。
そしてさらなる岩場を乗り越え、到着した先は・・・そうです、瑞牆山のシンボルとも言える、大ヤスリ岩の基部。クライミングルートとしても有名なこの岩場。見上げても高すぎててっぺんまでは見通せませんが、回り込んだ登山道からはその存在感ある姿が迫力ありました!そんなこんなで探検ルートから登山道に合流し、ひたすら山頂を目指します。山頂直下のクサリ場やはしごの連続は黒戸尾根に向けてのトレーニングにもなりますね。

そして到着しました!日本百名山、瑞牆山の山頂です!いろんな見どころを回っての登頂は達成感もひとしおでした。皆さんの笑顔も眩しくてうれしいランチタイム☆

帰りは沢の音を愛でながら不動滝経由で下山。ここでも奇岩とコケの景観を満喫しながら、瑞牆の森をまさにぐるり一周。充実の一日探検山行でした!

次回はアズマシャクナゲの時期にもぜひ開催したいと思います。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!また北杜の山でお会いしましょう~♪(^^)/

Follow me!